練習の前には準備体操をしっかりと!

合唱の練習を始める前にすることがあります。それは準備体操です。練習を始める前には、身体は固まっていますので、それを解す必要があるのです。また、合唱を行うには体力もとても重要なのです。

腹筋運動が大切!

歌を歌うのには、腹筋は欠かせません。歌は喉で歌うのではなく、腹筋を使い、身体全体までも使って行うのです。腹筋は声量にも繋がります。腹筋がなくては歌えません。力強い声がでなかったり、声がか細くなってしまったりするのです。学校の合唱部でも、練習前に椅子に横になるなどして、腹筋を鍛える運動をします。まるで運動部かと勘違いしそうですが、合唱にも体力が必要なのです。

私も寝る前に必ず腹筋をしています。そのおかげか、声量は増したと実感しています。腹筋運動ができないのであれば、人目のない時にでも、お腹に力を入れて、「スッスッスッスッ」と息を吐きながら、お腹をへこませるということも有益でしょう(呼吸練習の記事でも出てきますが)。

足腰を鍛えるべし!!

立って練習をしている団体もあるかと思います。もしくは、演奏会などでは、長時間立ちっぱなしになりますし、イベント等でも、立って待つということもあるでしょう。そのためには、日頃から足腰は鍛えておかなければいけませんね。ウォーキングなども良いですが、時間が取れない場合は屈伸運動をするのも良いでしょう。普段から立っていることに慣れるということも大事です。

ちなみに、長時間立っていて姿勢が悪いと、腰が痛くなるといったこともあります。

首の運動をしよう

首を左右共に5回づつほど曲げます。また、左右5回づつ首を回します。ゆっくり行うこともポイントです。これをすると、首も柔らかくなりますし、大事です。また、練習中に肩が固くなってしまうこともあるでしょう。その際には、肩を動かして解すことも必要です。肩が凝っていると、声まで固くなってしまうのです。

腕を伸ばす

歌と伸びをすることは関係がないようですが、身体を弛緩させるために、重要なことなのです。片腕を上にあげて、手首を内側に曲げます(手の平が外に向くように)。脇も伸びますし、いいですね。

身体をリラックス

身体全体の力を抜き、ゆっくりと左右に交互に身体を捻り、腕をブラブラさせます。身体がリラックス状態ではないと、良い声がでませんね。これは、発声練習をしている時にも行うのが良いです。柔軟体操をして、筋肉を柔軟にすることも良いですね。筋肉が柔軟だと、聴く側も聴きやすい声となるでしょう。

姿勢も重要なのです

他の記事で詳しく書かせていただきますが、歌う時の姿勢は良い声の為には重要なのです。猫背は治さなくてはいけませんね。油断せずに、ピンと吊られているような気持ちで、身体はリラックスしていても、神経は尖らせていないといけません。

以上のことを実践して、良い声を作る為の努力をしていきましょう。歌う為にも、こういった身体作りから始めなくてはいけないのです。

※本格的なプロの方にレッスンをしてもらいたいという方!もしイオン銀行のカードローンでレッスン料を賄おうとお考えなのであれば、下記をご覧ください。

すでに成人した日本人ということで考えますと、イオン銀行カードローンに申し込むためにさらに追加で押さえたい条件はこちらです。

安定的な収入がある人
パート・アルバイト、自営業者、専業主婦OK
学生はNG

カードローンの条件的に明らかにアウトとされるのは「学生」のみです。
引用元:イオンカードローンの全貌

どうやら学生の方はNGっぽいです。学生の方なのであれば別の方法でレッスン料を集める方法を考えた方がいいかもしれませんね。

Category: archive