上下に包まれる存在、メゾ・ソプラノ

メゾ・ソプラノは難しいパートです。しかし、合唱の支柱でありメゾ・ソプラノの動きによって曲に違いも生まれてくるのです。

ソプラノの澄んだ高音を出す方法は何?

合唱の花形パートでもあるソプラノ。主旋律を務めることも多いです。そんなソプラノの高音の出し方にも、声をかぶせるなどのテクニックが必要なのです。

自分の声に合ったパートで歌おう

合唱では、自分のパートを決める過程も大事です。合わないパートで歌って無理をしていると、喉を壊してしまうかもしれません。パート決めのポイントは、チェンジの箇所。本当に自分に合っているパートを、指導者に見極めてもらうのが一番です。

これは必須!発声練習をしよう!

歌を歌う時は、突然歌い始めてもベストな状態では歌えないでしょう。良い声もでない可能性もあります。なので、合唱の練習をする時は、まず発声練習を念いりにしてから歌うようにしましょう。