歌う時は心を一つに

歌う人達の心が揃っていないと、良い合唱はできませんし、聴く人に感動は与えられません。普段の練習において、歌詞解釈や発音などの統一を図ることが大切なのです。仲間同士で親交を深めるのも良いです。

重厚な響き。バスで上手に歌うには

最も低い音を担当するバス。バリトンとに分けられる曲もあります。低い音を出すというのは、生まれ持っての素質もあります。バスは胸に響かせることを意識しましょう。また、間違っても喉を潰すという対処法は避けましょう。

テノールで繊細で綺麗な音を届けたい

男声の高い音程を歌うテノール。「保つ」と言う意味があります。そんなテノールは声を押しつけようとせず、後ろに声を飛ばすというのが良いです。また、頭に響かせる裏声を使えることも重要です。

アルトは女声合唱では支えの要

アルトは低い音を出さなければいけないですが、それでも暗くせずに明るく声を出すように心がけましょう。低い音が出ない人は無理をするのはいけません。