幅のある声になりたい!

良い声の特徴の一つである“幅のある声”というのは、声質として溶け込める質があり、周りの人とぴたりと声を合わせられることを言います。『合わせよう』という気持ちを持ち、溶け込む意識が大切です。

伸びのある声になるためにはどうするの?

伸びのある声とは、表現力があって、声量がたっぷりある声のことを言います。鼻に響かせるというのも、伸びる声を作るポイントです。舌も前に置くようにしましょう。

つやのある声で歌いたい

つやのある声というのは、輝きがあり、声がよく響く事を言います。そんなつやのある声を保つには、潤いが不可欠です。水分をこまめに摂ったり、加湿もしましょう。また、歌うなどの声を出して声帯の筋肉を鍛えることが重要です。タバコなどは控えましょう。

音程を正確に歌うためには、何が必要?

音程を正確に取るためには、一音一音を確かめて覚えていくことです。そして、次の音をイメージしてから口や喉の準備をしてから出す様にしましょう。